取り扱い商品

データ制作費

テンプレートダウンロード

スピード名刺

ヘルプリスト

テンプレートダウンロード

データ作成をされるお客様へ
名刺屋さん用テンプレート
データを作成されるお客様は、弊社入稿用の
テンプレートをご利用下さいませ。
テンプレートダウンロード
Windows : 右クリック
Macintosh : しばらくクリック後、
[対象をファイルに保存] などのメニューから保存を
行ってください。
※Adobe Illustratorが必要となります。
データ作成の注意点

check1

塗り足しは、塗り足しと余白は裁断がずれた時に対応するために設定します。
塗り足しや余白がない場合、白地が出てしまったりしてしまいます。
一般名刺用テンプレート(仕上がりサイズ91×55)
編集サイズ(87mm×51mm)
仕上がりサイズ(91mm×55mm)
作業サイズ(95mm×59mm)
塗り足しがない場合と、塗り足しがある場合での印刷結果例をご説明致します。
塗り足しが無い場合
塗り足しがない場合、仕上げの裁断の際に若干のずれが生じ白い余白部分が
出てしまいます。
塗り足しが有る場合
しっかり塗り足しがある場合、裁断の際白い部分がなく綺麗に仕上がります。

check2

Illustratorメニューバーより【ファイル】→【ドキュメントのカラーモード】→【CMYKカラー】を
選択して下さい。
CMYKの設定は必ず行って下さい。

check3

Illustratorメニューバーより【選択】→【すべてを選択】を選択します。
次に、Illustratorメニューバーより【書式】→【アウトラインの作成】を選択します。
文字のアウトライン化は必ず行って下さい。

check4

Illustratorメニューバーより【ウィンドウ】→【リンク】を選択します。
リンクを選択すると下記のようなウィンドウが表示されます。
埋め込みたい画像を選択し、リンクウィンドウの右上にあるボタンをクリックします。
ボタンをクリックすると、選択メニューが表示されます。
選択メニューの中にある画像の埋め込みを選択します。
画像の埋め込みは必ず行って下さい。
画像の埋め込みをすると、下記の赤丸のようなアイコンが表示されます。
画像データは全て画像の埋め込みをお願い致します。
画像の埋め込みの確認は必ず行って下さい。

check5

画像の解像度の設定は、今回はAdobe Photoshopを使用しご説明致します。
Photoshopメニューバーより【イメージ】→【画像解像度】を選択します。
画像解像度ウィンドウが表示されると解像度という項目があります。
値を入力する所に300~500の値を入力して下さい。
また、原本が粗い画像はどんなに数値を合わせても鮮明に印刷されかねます。
画像の解像度が低いと印刷時に画像が荒くなってしまうため必ず行って下さい。

check6

名刺のデザイン部に関係がない、オブジェクトデータや文字データなどは全て削除を
お願い致します。

check7

Illustratorメニューバーより【ウィンドウ】→【線】を選択します。
下記のような線ウィンドウが表示されます。
下記の赤丸の線幅という数値を【0.3pt】以上の設定をお願い致します。
0.3pt以下になりますと、印刷時に綺麗に表現する事が難しくなります。
線幅が0.3pt以上に設定を必ず行って下さい。

check8

Illustratorメニューバーより【ウィンドウ】→【書式】→【文字】を選択します。
文字の大きさの設定を確認して下さい。
下記のような文字ウィンドウが表示されます。
下記の赤丸のフォントサイズ【3pt】以上の設定をお願い致します。
3pt以下になりますと、印刷時に綺麗に表現する事が難しくなります。
文字の大きさを3pt以上に設定を行って下さい。